注文住宅と建売住宅の違い

住宅プラン
マイホームを持ちたいと考えたときに、注文住宅にするか、建売りにするかは悩ましいところです。それぞれに良い点があるため、まずは注文住宅と建売り住宅の違いを把握することが大切になります。購入手続きができるだけシンプルで楽なのは建売りの方であり、敷地とすでに建設済みの住宅の購入をすることが可能です。手付金は売買契約時に支払いを済ませますので、残金は一括や分割などでのローンが利用できます。

明確に敷地境界がされることも多く、建設にあたり複数の棟での近隣との土地トラブルにもなりません。自分たちの思うような間取りや設備にはならないとしても、すでにきちんと便利な設備も備わっているので、不便に思うこともまずないです。同時にいくつもの棟の販売開始になることも多く、それに伴い周りの度悪露の整備も行われるなど、住む人にとって快適な環境が整えられます。

人生の中でトップクラスでの大きな買い物といえば家ですが、家族の理想を希望通りに叶える住まいなら、注文住宅程適した方法はありません。施主となる人が建築の着工を始める前から、その過程においても竣工まで、希望を盛り込むために確認することができます。何度も打ち合わせをしたりやり取りをするなど、時間と手間暇とお金はかかりますが、希望通りの住まいを建築できる充実感と満足度はハイレベルです。

設計を変更したり工事の日程の変更が発生をすることもあるため、費用面で追加料金がかかることもあります。予算オーバーにならないよう、あらかじめの予算を決めて取り組む姿勢も必要です。複雑な資金計画になりがちですが、こだわる部分とそうではない部分を決めて、賢くコストを切り詰めるなど手段はあります。

一体いくらほど住まいにお金をかけることができるのか、家族は自分たちの好きなデザインにしたいのか、それともコストを抑えて建売りでもいいのかなど、皆で話し合って決めることも大事です。いずれにしても注文住宅と建売りには、各自に良い面が多数あります。